CBDオイルの副作用?

CBDオイルの副作用?

安全、と言っても様々な薬効があり、医療にも使われたりする以上は使い方に気を付けないといけない
と、言うのが普通です。

私は基本的に、劇的な効果をうたう商品については信用しません。
それほど効果のある物が、患部以外に余計な効果を与えないと何故言えるのか?
という、スタンスだったのですが・・・

他のページでも言った通り、現在のところ大きな副作用らしい副作用が無く
難病やガンにも効いて、もっとカジュアルにリラックス目的や健康増進目的でも使えるCBDオイル・・・

(;・∀・) 凄くない? いや凄すぎないか?
いや、流石にそこまで都合の良い物があるのか?
前述の通りのスタンスもあり、疑問は当然あるのですが・・・。
CBDオイル自体についてはともかく、有効成分であるCBDについては
医療用としても既に使われたり、研究されている訳で・・・

正直、その効果を真っ向から否定するような要素って何も無いんですよね。

幾らなんでもそんな都合の良いもんねぇよ!
と、思って難癖付けようと一生懸命調べたんですけど・・・

割とショックです。
まぁ、考えてみればビタミンCが致命的に欠乏している人に
ビタミンCを投与したりすれば、それは劇的な改善が見込めるでしょう。
その上で、それが重篤な副作用を引き起こしうるか? と言われれば・・・
そうすると、 劇的な効果がある=副作用も当然ある
という私の今までのスタンスは・・・
まぁ、今まで怪しげな商品から我が身や友人を守ってこれたと思えば(汗
(それらが、怪しげな商品ではなかった可能性も出てきましたが・・・)
しいて挙げるのであれば
様々な病気や健康増進、リラックス等に効果を発揮する一方で
特定の用途に最も効果を発揮する濃度や用法、成分比率についてはまだ発展途上にあるのではないか?
と、そんな感想を抱きました。
少なくとも、アイスに掛けて食べても最大限の効果を発揮したりはしないと思います。
いやまぁ、友人はアイスに掛けて食べた訳ではないんでしょうけど・・・
他のページでも書きましたが、まだまだ研究途上
副作用が見つかっていないだけ、とも限りませんが・・・

まぁ、CBDオイルは医薬品では無く、あくまで健康食品と考えれば当然でしょう。
いずれは、そこまで特化した物が医薬品として出てくると良いのですが・・・
効果範囲が広すぎる事が災いして、なかなか臨床試験は難しそうな気はします。

『CBD』ってそもそも何?

CBDオイルの原材料