CBDオイルとは?2

CBDオイルとは?2

ここまでで分かった事を改めて軽くまとめると

・CBDオイルは健康食品である
・リラックス効果や健康増進、様々な病気への効果が期待できる
・原料が大麻という事で誤解もあるようだが、合法で規制された事も無い
・味はなんか草っぽい?
これだけの事なのに
ここまで来るのが割とめんどくさかった・・・!
肝心の効果についても、詳しく説明出来ていないし
どこで買えるのかも分からない!

ようやく、効果について詳しく入れる!
でも、ここまで確認する中で薄々気づいてたんですが・・・
公式で明確な効果をうたえないせいか、とにかく情報が少ないんですよね・・・
いや、あるんですけど専門的過ぎるというか・・・
なので、ざっくりとした話や、医療大麻やCBDそのものに関する話が多分に含まれる事はご了承ください。
(あくまでも 医療大麻≠CBD≠CBDオイル ですので
個人的には医療大麻以下、CBD以上の効果がCBDオイルには見込めるのではないかと思っています)
さて。
私が調べた中で特に注目したのは次の4つです。

■1.リラックス作用

THCは含まれていないので、使用しても当然ハイになるような事は無く
ストレスを和らげ、リラックス出来る効果があると言われています。
そういう情報が多く口コミでも多数そういう情報があるようなので期待しても良いのだと思います。
調べた感じでは精神を、というか神経の過敏な働きを抑えるような感じでしょうか?
寝つきが良くなる、という話も多いようです。
結果、眠気を誘う事もあるようなのでその点は注意すべきでしょう。

■2.抗炎症作用

CBDには炎症を抑える。
正確には炎症の誘発を抑える、のかな?
どうも難しくて理解出来ませんが
炎症を抑えるプロセスに特徴があるようで
その他の薬理効果と合わせて注目に値すると考えられているようです。

■3.神経保護と抗酸化作用

CBDには抗酸化作用がある。
神経を保護する作用もある。
関連する特許の取得などもあるようなので
これ自体は間違いないのかな、と。

■4.抗不安作用

こちらは、長らく効果が疑問視されていたようですが
脳の血流を減少に関連する作用によって、そのような作用が生じているのではないか?
という説が有力となっているようです。

何故、これらの作用が重要なのか?

比較的、地味目に見える効果に注目しましたが・・・
これまで書いてきた通り。
私は 100種類の難病に効く! なんて言われれば
まず

なんだそれ。うさんくせぇ!

と思う訳ですよ。

でも、これらの効果を考えれば結構納得いくんですよね。

例えば
過度の不安/ストレスをもたらす病気
異常な炎症をもたらす病気
神経にダメージを与えたり、過剰な反応を引き起こす病気
それらがどれほどある事か!

それを考えれば、実際は100種類の病では効かないでしょう。

クローン病
アテローム性動脈硬化症
アルツハイマー病
パーキンソン病
脳卒中
片頭痛
全般性不安障害
強迫性障害
心的外傷後ストレス障害
社交不安障害
パニック障害
etc…etc…

まぁ、そんな言い方をしてしまえば
ハーブティー飲んでリラックスするだけ30種類くらいいけるわ
と、いう意見もあるでしょうけど・・・
個人的には、この4種類の効果全てに期待出来るというのは大きいのではないかなと思います。
それも、今までの薬では効果が無かった人にも効果があるかも、と言われては・・・

あまり過度の期待をするのも良くないと思いますが
期待する人がいるのも分かる気がします。

CBDオイルの効果

『CBD』ってそもそも何?