ドラッグ(痲薬)の種類について。

                       About type of drug

 

ドラッグ(麻薬)の定義とは一体、何でしょうか?

お酒やタバコも麻薬ですし、コーヒーにだって依存性がある   立派な麻薬です。

ギャンブルにだって依存性があり麻薬の一種だとも言われます。

日本ではギャンブル以外は年齢制限はあれど合法です。

国が変われば法律も変わりブータンではタバコが違法です。

ペルーでは高山病予防のためにコカインの原料であるコカの葉を普段の生活に取り入れています。

ウルグアイでは大麻は成人なら誰でも栽培でき薬局で購入できます。

日本で麻薬と呼ばれ法律で規制されているのは何が理由なのでしょうか?

調べてみると

世界保健機構(World Health Organization: WHO)と   いう組織がありました。

現在加盟国が194カ国あり               「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」   を目的として設立された国連の専門機関組織があり世界での基準を決めているようです。

世界保健機関(WHO)の用語集では、麻薬(narcotic)の語は昏迷・昏睡、痛みに対する無感覚を誘発する化学物質で、通常は麻薬性鎮痛薬のオピエートオピオイドを指すが、法律上の用語として不正確に他の薬物を指す場合があるため、より具体的な意味を持つオピオイドの用語を用いている[1]。麻薬(narcotic)の語は、規制された薬物を指して不正確に用いられる場合もあり、アメリカ合衆国やカナダの規制法によれば、オピオイドだけでなく、コカインや大麻を含む[1]。国際条約としての規制の根拠は、1961年の麻薬に関する単一条約である[1]

Narcoticsの訳語として麻薬の語が作られた。

wikipediaより引用

日本でも麻薬というと規制された薬物のことを一般的にはいうけれども不正確な呼び名だそうな。

麻薬と呼ばれるものの作用は大きく分けて

興奮作用

幻覚作用

抑制作用

の3つに分類されていると思われます。

CBDは抑制作用があると学びました。

カフェインは興奮作用かなー

でもリラックスするために飲むこともあるから抑制作用かな?

なんて考えていると身近な物から普段から取り入れて生活しているんだなーって。今一度改めて偏見をなくして学んでおくべき情報ではと感じます。

日本では一概に ダメ という教育しかしてこなかったから 知っておいたほうが良い知識なのではと。。

では、有名な薬物と呼ばれるものについて調べていこうと思います!

薬物に対して正しい知識と危険性、薬理作用を伝えるもので、決して薬物を肯定するものではありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です