どこで手に入るのか?2

どこで手に入るのか?

前述の通り、個人輸入はとにかくオススメしません。

と、いう訳で
PharmaHemp
BluebirdBotanical
この辺りをオススメいたしましたが
何故、オススメなのか、このメーカーの製品の中ではさらにどれが良いのか?
という辺りを、少しまとめてみます。

蛇足 で少し書いていますが
私は、CBDオイル使用者や所有者がある日突然
犯罪者になってしまうような事は無いと思っています。
それでも、心配な人は
出来る限り、無難(利用者の多い商品)や、製造元のはっきりした商品を選ぶのが良いでしょう。

PharmaHemp
こちらの製品は、製造元や販売元がはっきりしているので
何かしらトラブルがあっても、購入者よりはまず製造元や販売元にお咎めが行く事になるでしょう。
また、一部の製品を除き
CBDその物を一旦、高純度の結晶に精製してから製品を作るため
THC等の問題になる成分が混入する余地が限りなく低くなります。
また、純粋なCBDの効果も体感できるのでオススメです。

BluebirdBotanical
ブルーバードボタニカルの製品は、CBDオイルの中でも割りと知名度が高く
一般的な製品になると思います。
間違いなく、無難な選択肢でしょう。
これらのメーカーの製品の中で
さらに具体的にどれがオススメなのか
少し見てみましょう。

PharmaHemp から 15% CBD オイル 10ml (CBD1500mg) 
高純度CBD結晶とオリーブオイルをベースに作られていて
フランス産の政府公認種を、長年農薬が使用されていない土地で育てて生産した
オーガニックな製品なので、こだわりのある方でも安心してご利用頂けます。
また、その濃度は他社製品と比べてもズバ抜けて高く
1回辺りの使用量も減らせるうえに、手ごろなお値段なので
非常に経済的です。
ただし、高純度CBD結晶を使用しているので
THCはもちろんですが、それ以外の麻特有の成分もほぼ含まれておりません。
THCはともかく、それ以外の麻特有の成分は多少含まれていた方が
効果的である場合もあるので、ご注意下さい。

PharmaHemp から 5%CBDオイルドロップ 10ml (500mg)
フランス産の政府公認種を、長年農薬が使用されていない土地で育てて生産した
オーガニックな製品なので、こだわりのある方でも安心してご利用頂けます。
また、その濃度は他社製品と比べてもズバ抜けて高く
(他社製品の中で、特に高濃度をうたっている商品に匹敵するくらい)
1回辺りの使用量も減らせるうえに、手ごろなお値段なので
非常に経済的です。
15%CBDオイルとは異なり、高純度CBD結晶を使用してせずに作られているため
麻特有の多用な成分も含まれております。
体質や使用目的にもよりますが、こちらの方が効果が高く出るかもしれません。

BluebirdBotanical から Hemp Classic 6x
通常の6倍濃縮タイプ(PharmaHemp の 5%CBDオイルドロップ 10ml (500mg) と同程度の濃度)
他社製品でもそうですが、買うならこれくらいの濃度はあった方が良いと思います。
手ごろなお値段で、濃縮してないタイプと比較すれば若干安めです。

蛇足

どこで手に入るのか?